運動会のお弁当は何が良い?

運動会のお弁当は何が良い?

運動会のお弁当は頑張ってる子供を応援し、元気の源になります。
午前中の競技で疲れている子供達も、ふたを開けた途端、きっと笑顔になることでしょう。
玉入れやかけっこで頑張っているわけですから、運動会のお弁当で一大イベントを盛り上げましょう。
運動会のお弁当は、お母さんの腕の見せ所です。
どんな盛り付けにしようか、どんなおかずにしようかと、頭を悩ませると思いますが、運動会のお弁当を作る一番のポイントは楽しんで作る事です。
そして子供が喜んで食べてくれるメニューを心がけましょう。
子供が好きなおかずを入れたり、一口サイズにして食べやすくしたりすることが大切です。
また運動会のお弁当では盛り付けが大事です。
つまり子供がお弁当のふたを開けた時、「おいしそう」と思わず言ってしまうような、見た目がきれいで、色とりどりであることを心がけましょう。
また幼稚園の小さい子供には可愛く盛りつけてあげると喜びます。
例えば大好きなキャラクターをイメージした盛り付けは喜ばれます。
あとは海苔を切って貼り付けてサッカーボールのおにぎりにしたり、くまやハート、星の形抜きでサンドイッチを作ってもきれいですし、子供が大喜びすることは間違いありません。
運動会のお弁当が、毎回同じものになってしまうと悩むお母さんもいることでしょう。
そういう時は子供と一緒にお弁当を食べている姿を思い浮かべたりして、お友達に自慢出来るような作り方やレシピを考えましょう。
おにぎりやお稲荷さんなどのご飯もの、それからパンはエネルギーになってくれますから、メニューには欠かせません。
運動会のお弁当のおかずといえば、フライや唐揚げのように脂っこい物にかたよってしまいがちです。

これらは消化されにくいし、栄養のバランスも悪くなるので、バランスを考えて野菜類もとりいれましょう。
ポテトサラダをアイスクリームのように丸い形にして、アルミのカップに入れると、見た目もきれいですし、美味しそうにみえます。
また、酢の物もさっぱりしていて食べやすいですね。
煮物が苦手な子供は多いと思いますが、混ぜてちらし寿司にしたり、炊き込みご飯にしたり工夫できます。
このようにちょっとした工夫で美味しい運動会のお弁当が出来上がります。
暑い中で行なわれることもありますから、水分補給やビタミン補給も必要です。
デザートとして果物を入れたり、チョコレートの甘いものを食べるのも、お昼からの競技のためのエネルギー補給に効果的です。
さらに運動会のお弁当を盛り上げる裏技として、カラフルなカップを使ったり、キャラクターのピックを使ったりすることもテクニックの1つです。